当サイト(AlhambraDeGranada.org)ではサービス向上、ビデオ配信、ソーシャルネットワークへの公開、統計情報の取得、ターゲティング広告を提供するために、弊社又は第三者機関のCookie(クッキー)を使用しています。 当サイトのご利用により、Cookieポリシーに同意して頂いたことになります。Cookieに関する説明や管理についてはCookieポリシーをご覧ください。
シェアする
ホーム / 観光スポット / ナスル朝宮殿

ライオンの宮殿

ムハンマド5世が父ユースフ1世を引き継いだ時、以前から始まっていた改装が終わらないうちに、さらにアルハンブラ宮殿に現在残されている偉大な遺産、ライオンの宮殿の工事が始まりました。この宮殿は王族のプライベートな場所で、浴場アラヤネスの中庭の隣に建てられました。

宮殿でのナスル朝の美術は特に素晴らしいもので、光、水、配色は極めて美しいものになっています。前の時代の装飾は抽象的で幾何学的でしたが、ムハンマド5世とキリスト教の王ペドロ1世(Pedro I el Cruel)の親交が深まったことでキリスト教の影響を受け、自然主義の装飾へと変化しています。

宮殿にはキリスト教の回廊のように柱廊で囲まれた中央の庭があり、そこから西へは鍾乳石飾りの間、東へは諸王の間、北へは姉妹の間連アーチ窓リンダラハのバルコニー、南へはアベンセラッヘスの間ハーレム、と異なった部屋へ続いています。

シェアする

アルハンブラ宮殿の写真

シェアする

グラナダのホテル

最安値保証

Booking.com

フォローする

© Área25 IT S.C.A 2020 - Webデザイン & - 無断複写·転載を禁じます
InSpain.orgFlamenco.oneFotosAlhambra.es