閉じる

当サイト(AlhambraDeGranada.org)ではサービス向上、ビデオ配信、ソーシャルネットワークへの公開、統計情報の取得、ターゲティング広告を提供するために、弊社又は第三者機関のCookie(クッキー)を使用しています。 当サイトのご利用により、Cookieポリシーに同意して頂いたことになります。Cookieに関する説明や管理についてはCookieポリシーをご覧ください。
シェアする
ホーム / 観光スポット / ナスル朝宮殿

ナスル朝宮殿

アルカサバにやってきた最初の王はムハンマド・ベン・アラマール(ムハンマド1世。Mohamed ben Al-Hamar, Mohamed I)でした。王朝五番目の王であるアブル・ワリー・イスマエル(Abu l-Walid Ismail)の時代以前に宮殿が存在していたかどうかは分かっていませんが、このイスマエル王の時代にはメスキータの近くに宮殿が一つ建てられました。しかし七番目の王、ユースフ1世が全て破壊してしまったので、今はメスアール宮しか残っていません。またユースフ1世はコマレスの塔アラヤネスの中庭浴場を増改築しました。八番目の王、ムハンマド5世(Mohamed V)は柱廊を拡張して全ての部屋をメスアール宮とつなげ、ライオンの中庭を作って建設を終えました。ユースフ1世とムハンマド5世はアルハンブラ宮殿の建設、改修、装飾に最も携わった王でした。

ナスル朝宮殿は三つの独立した区画に分けることができます。

  • メスアール宮。宮殿の半公共的な一画又はセラムルク(selamlik、男性の間)に相当し、司法行政を行う場所及び政府の執務室。
  • コマレス宮。王の公式の住まい。
  • ライオン宮。宮殿のプライベートゾーンで、ハーレムがあった場所。

これらの三つの場所は、機能面だけではなく芸術面においても区別することができます。コマレス宮は伝統的なイスラム教文化の影響を受けているのに対して、ライオン宮はキリスト教文化の影響を受けています。これは数年間続いたムハンマド5世とカスティーリャの王ペドロ1世(Pedro I el Cruel)の友好関係に由来していると考えられています。

ナスル朝宮殿はカトリック両王によるグラナダのレコンキスタから現在まで何回も改修が行われましたが、ほとんどの増改築はカルロス5世(Carlos V)が行い、彼の名前がついた宮殿を建てている間にも、アルハンブラにいくつもの部屋を作りました。しかしながら、アルハンブラはいつもイスラム教文化の宮殿としての性質を保っていました。

シェアする
シェアする

グラナダのホテル

フォローする

FacebookでフォローするTwitterでフォローするGoogle+でフォローするInstagramでフォローする
© Área25 IT S.C.A 2017 - Webデザイン & - 無断複写·転載を禁じます
InSpain.orgFlamenco.oneFotosAlhambra.es