Utilizamos cookies propias y de terceros para ofrecerle nuestros servicios, mostrar vídeos, obtener estadísticas y ofrecerle publicidad personalizada. Puede aceptar todas las cookies pulsando "Aceptar". También puede rechazar todas o algunas de ellas pulsando cookie の設定を変更する. Más información en nuestra política de cookies.

Cookie の設定を変更する

Utilizamos cookies propias y de terceros para ofrecerle nuestros servicios, mostrar vídeos, obtener estadísticas y ofrecerle publicidad personalizada.

Cookies técnicas
Son aquellas que permiten la navegación a través de la página web y la utilización de las opciones y servicios que se ofrecen. Le permiten mantener su sesión. AlhambraDeGranada.org utiliza cookies técnicas propias y de terceros. Estas cookies son necesarias para que el sitio web funcione y no se pueden desactivar.
Cookies de análisis
Son aquellas que permiten el seguimiento y análisis del comportamiento de los visitantes del sitio web. La información recogida mediante este tipo de cookies se utiliza para la medición de la actividad del sitio web, así como la elaboración de estadísticas y perfiles con el fin de mejorar el sitio web. AlhambraDeGranada.org utiliza cookies de análisis de terceros.
Cookies de publicidad comportamental
Estas cookies almacenan información del comportamiento de los usuarios obtenida a partir de sus hábitos de navegación, lo que permite desarrollar un perfil específico para mostrar publicidad en función del mismo. AlhambraDeGranada.org utiliza cookies de publicidad comportamental propias y de terceros.

Más información en nuestra política de cookies.

シェアする
ホーム / 観光スポット / ナスル朝宮殿

ナスル朝宮殿のバーチャルツアー

ナスル朝宮殿

現在の宮殿は旧宮殿の破損した部分に増改築を重ねた様々な建築物の複合となっています。最初にアルハンブラに宮殿を建てたのはアブル・ワリー・イスマエル(Abu l-Walid Ismail)でした。この宮殿はメスアール宮以外、コマレスの塔、ライオンの中庭、浴場を増改築したユースフ1世(Yusuf I)によって破壊されてしまいました。そしてライオン宮を建てたムハンマド5世(Mohamed V)が建設を終えました。

メスアール宮

メスアール宮が建てられた時期についてははっきりとわかっていません。詩人イブン・ザムラク(Ibn Zamrak)によると、旧ナスル朝宮殿に属していたようです。何度も破壊されてはその度に修復され、唯一残っているのは現在「メスアール宮」として知られているムハンマド1世の部屋のみです。

祈祷室

祈祷室はメスアール宮の奥にあります。1590年にダーロの谷で起こった火薬庫の爆発によりひどく損傷したため、20世紀の初めに修復されました。

黄金の間

コマレス宮に属している黄金の間の建築は、ムハンマド5世が行いました。格天井をムデハル様式に塗り替えたためにこの名前が付けられました。

黄金の間の中庭

中庭はメスアール宮と黄金の間の間にあります。

アラヤネスの中庭

アラヤネスの中庭、またはミルトの中庭は、中庭中央にある池を囲こんでいるアラヤネス、ミルトの花の名前に因んでいます。

コマレス宮

王の公邸。アラヤネスの中庭の周りにいくつかの部屋が作られています。コマレスの塔の中にあるバルカの間と大使の間は重要な役割を担っていました。

コマレスの塔

コマレスの塔はアルハンブラ宮殿の中でもっとも高い建物です。内部にはバルカの間と大使の間があります。ここでボアブディルがグラナダをカトリック両王に引き渡すことを決心したと言われています。またコロンブスが西周りでインドへ遠征するためにカトリック両王を説得した場所であるとも言われています。

バルカの間

アラヤネスの中庭の北柱廊を抜けると、バルカの間へと続いています。バルカという名前はアラビア語で祝福を意味するバラカ(baraka)が変化したものと言われています。

大使の間

大使の間は宮殿の中で最も荘厳な部屋です。また謁見の間で公人を迎えた場所でした。そして、コーラン、神への賞賛、詩等の文字装飾で満ちています。天井にはイスラムの天国である七つの空が、また中央にある鍾乳石飾りには神の玉座が表現されています。

24件中1~10件を表示
次へ >
シェアする

グラナダのホテル

最安値保証

Booking.com

フォローする

© Área25 IT S.C.A 2020 - Webデザイン & - 無断複写·転載を禁じます
InSpain.orgFlamenco.oneFotosAlhambra.es