当サイト(AlhambraDeGranada.org)ではサービス向上、ビデオ配信、ソーシャルネットワークへの公開、統計情報の取得、ターゲティング広告を提供するために、弊社又は第三者機関のCookie(クッキー)を使用しています。 当サイトのご利用により、Cookieポリシーに同意して頂いたことになります。Cookieに関する説明や管理についてはCookieポリシーをご覧ください。
シェアする
ホーム / 観光スポット / ナスル朝宮殿

バルカの間

アラヤネスの中庭の北柱廊から鍾乳石飾りが施されたアーチを通り、バルカの間へと入ることができます。バルカという名前はアラビア語で祝福を意味するバラカ(baraka)から来ていると言われています。24m×4,35mの長方形のこの部屋は初めはもっと小さかったようですが、ムハンマド5世によって増築され広くなりました。この部屋には半円筒の丸天井がありましたが1890年の火事で焼けてしまい、1964年に修復が終わりました。壁は漆喰細工でナスル朝の盾が施されており、そこには「祝福」と「神のみが勝利者である」という王家のモットーが刻まれています。

部屋はタイル貼りの腰壁で囲まれていて、両端にもタイル貼りの腰壁が付いたアルコーブがあります。そしてアルコーブの手前には鍾乳石飾りのアーチが施されています。

 

シェアする
シェアする

グラナダのホテル

最安値保証

Booking.com

フォローする

© Área25 IT S.C.A 2019 - Webデザイン & - 無断複写·転載を禁じます
InSpain.orgFlamenco.oneFotosAlhambra.es