当サイト(AlhambraDeGranada.org)ではサービス向上、ビデオ配信、ソーシャルネットワークへの公開、統計情報の取得、ターゲティング広告を提供するために、弊社又は第三者機関のCookie(クッキー)を使用しています。 当サイトのご利用により、Cookieポリシーに同意して頂いたことになります。Cookieに関する説明や管理についてはCookieポリシーをご覧ください。
シェアする
ホーム / 観光スポット / 塔とアルハンブラ・アルタ地区

くちばしの塔

くちばしの塔は三階建てで、銃眼付きの胸壁の先端はレンガ製の角錐になっており、この塔の名前はその形に由来しています。13世紀末又は14世紀の初めに建設されましたが、なぜゴシック様式の建築になっているのかは分かっていません。

 

この塔はヘネラリフェに面しているアルハンブラの入口を守るために使用されていました。塔には抜け道があり、アラバルの門、塔の防御を担っている兵舎と防塁、鉄の門カトリック両王によって防塁と同じ時期に再建された)を通ることによってアルハンブラからヘネラリフェへと抜けることができるようになっています。

シェアする
シェアする

グラナダのホテル

最安値保証

Booking.com

フォローする

© Área25 IT S.C.A 2019 - Webデザイン & - 無断複写·転載を禁じます
InSpain.orgFlamenco.oneFotosAlhambra.es