当サイト(AlhambraDeGranada.org)ではサービス向上、ビデオ配信、ソーシャルネットワークへの公開、統計情報の取得、ターゲティング広告を提供するために、弊社又は第三者機関のCookie(クッキー)を使用しています。 当サイトのご利用により、Cookieポリシーに同意して頂いたことになります。Cookieに関する説明や管理についてはCookieポリシーをご覧ください。
シェアする
ホーム / 観光スポット / 塔とアルハンブラ・アルタ地区

塔とアルハンブラ・アルタ地区のバーチャルツアー

ラウダの塔

ラウダの塔の名前はライオンの中庭の南にある霊廟を囲んでいる庭園に因んでいます。塔へはライオンの中庭から扉を介して入ることができます。

パルタルの庭園

パルタルの庭園はラウダの塔と貴婦人の塔の間にあります。

貴婦人の塔

貴婦人の塔は18世紀末まで多くの名前で呼ばれていました。この塔の装飾はアルハンブラの中で最も古いものとなっています。ナスル朝宮殿の周りにあった大貴族たちが住んでいた建物の中で最も重要なものでした。塔の隣には隣接した住居が三軒あり、塔の建設後に建てられたことが分かっています。そのうちの一軒で唯一スペインでムスリムによって描かれた絵画が発見されました。

ミフラーブの塔

ミフラーブの塔は貴婦人の塔のすぐ隣にあります。塔の中には祈祷室があり、塔の近くにあった宮殿の住人が使用していました。

くちばしの塔

銃眼付きの胸壁の先端はレンガ製の角錐になっており、くちばしの塔という名前はその形に由来しています。

カディの塔

カディの塔は以前囚われ人の塔と狐道の塔という名前で知られていました。

囚われ人の塔

囚われ人の塔という名前はイサベル・デ・ソリス夫人がここに住んでいたと考えられていることに由来しています。彼女はキリスト教でしたが、イスラム教徒たちに捕らえられソラジャという名前でイスラム教に改宗しました。またアブルハサン・アリー王お気に入りの妻でした。以前はスルタナの塔、盗人の塔という名前で知られていました。

王女たちの塔

王女たちの塔は16世紀にこの塔の住人の名前に因んで、ルイス・キンタルナヤの塔として知られていました。現在の名前はワシントン・アーヴィングの小説に登場するサイダ、ソライダ、ソラアイダという王女たちの名前に由来しています。この塔は囚われ人の塔と袋小路の塔の間にあります。

袋小路の塔

袋小路の塔は王女たちの塔と水の塔の間にあります。ナポレオン軍がグラナダを後にする際に破壊してしまったため、現在は塔の土台のみが残っています。

水の塔

水の塔はヘネラリフェへ水を運ぶ水道橋の隣にあります。ナポレオン軍がグラナダを後にした時に破壊してしまったため、現在では塔の下半分のみが残っています。

< 前へ
12件中1~10件を表示
次へ >
シェアする

グラナダのホテル

最安値保証

フォローする

© Área25 IT S.C.A 2018 - Webデザイン & - 無断複写·転載を禁じます
InSpain.orgFlamenco.oneFotosAlhambra.es